怒濤の剣攻略法2 − 攻略効果を高める台選びのコツ

スポンサードリンク
前の記事で、設定による格差がそれほどないボーナス合成に気を使うより、とにかくボーナスを得るための攻略想定に気を使った方が良いということに触れましたが、もちろん同時に、攻略のベースとして還元率の高い台を選んでプレイするのに越したことはありません。

そこで利用したいのが機械割。設定ごとの投資に対する還元率を表した機械割については、怒濤の剣では以下のようになっていて、設定4以上の台を選べば理論上は勝てることになりますから、プレイし始めのなるべく早い段階で見抜くようにしたいところですね。

【怒濤の剣 機械割】

設定1: 97.9%
設定4: 102.8%
設定6: 109.5%
設定H: 112.3%

運悪く、もしそのホールに該当する台がないと思われる場合は、「平日の朝から3〜4割の台に客が付いている」「むやみに経費のかかる新装開店を行っていない」「駅から離れた場所にある」「混み過ぎていない」という条件に当てはまるホールに場所を変えること。

各々の条件の理由については説明が長くなるのでここでは触れませんが、これらの条件を満たすホールを見つけることができたら、設定4以上の台に出会う確率はかなり高くなるので、それだけで攻略ベースは勝ち得たも同然の状況になると言うことができるでしょう。
posted by DTM | 怒濤の剣攻略法

怒濤の剣攻略法1 − 特徴ある設定に攻略の端あり!

スポンサードリンク
怒濤の剣をプレイするにあたり最初に知っておかなければならないのが、その特異な設定。ご存知のように一般的な他の機種は1〜6の6段階で設定されているのが普通ですが、怒濤の剣では、1、4、6、そしてHという4段階で設定されているのが大きな特徴となっています。

ボーナスとして設定されているのは、赤7揃い、青7揃い2種類のBIGボーナスと、BAR揃いのシーザーチャンス(REGボーナス)。ボーナス合成は以下のようになっていますが、ここから分かるのは、かなり辛めの設定であるということ。設定間の格差もあまりありません。

【怒濤の剣 ボーナス合成】

設定1: 1/277.6
設定4: 1/268.5
設定6: 1/260.0
設定H: 1/248.2

これは、このブログのヘッダーでも紹介しているように、最高99%の継続率を誇るバトルゲームを搭載していることの裏返しとも言えますが、その発生はボーナス終了後がメインなので、そこから、とにかくボーナスを得る為の攻略想定が大切になるのが分かりますよね。

この想定があるのとないのとでは、トータルで見た投資効果が大きく変わってしまうので、事前にできるだけしっかりと想定することが特に重要になるわけです。そしてもちろん、その想定を堅実なものにするためには、ホール選びも大切なポイントとなってきます。
posted by DTM | 怒濤の剣攻略法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。